今の時代の特色として

昨今のIT文明の発展に伴って様々な業界用語がたくさん生まれていきました。
ITによる情報化社会についていく為に必死になって言葉の意味を一つずつ理解しようとしている人もいることでしょう。

また、そうした用語を覚えることは流行の波に乗っているような気分になることから、人によってはオシャレな感じに思えてくるかもしれません。
それは単純に最新の情報を先取りできた優越感からカッコイイ自分を演出することにもなるのではとも感じます。

人はいつの時代でも程度の差こそはあれど、あの人には負けたくないという競争心を以て自分の方が優位であると証明したその時に、自身の存在価値の在り方を他人に知らしめられるという欲求があります。

今の時代での用語を覚えようとする競争心は、比較的平和的な感じなので切磋琢磨に努力し合っているような構図が見て取れて、その構図がIT文明を盛り上げていくきっかけになっていくものだと思われます。

早速、今時の業界用語の例でどういうものがあるのかと言いますと、SNSという用語でソーシャル・ネットワーク・サービスの頭文字から採った意味になります。
内容はユーザーが互いに自分の社会生活を公開し合うなど幅広いコミュニケーションを目的としたWebサービスです。
ITによってコミュニケーションの多様性が顕著になった証左ですね。

昨今の取り組みを土台にして、Webサービスによる繋がりの強化を図る取り組みは今後とも社会生活にはなくてはならないものとして浸透していく気配を感じます。’

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Help

WordPress theme: Kippis 1.15